fc2ブログ

ダンス映画の今昔

洋画
04 /30 2006
今日もゴールデンウィークですが、出かける予定も無く家でビデオを見ていました。今日見た映画は「ダンスレボリューション」と言う映画です。最近売り出し中のジェシカアルバと言う若い女優さんが主演で、見事なダンスを披露してくれます。ニューヨークに暮らす貧しく若い女性が、ダンスで成り上がって行く姿を描くサクセスストーリーです。この手の話はアメリカ人は大好きですね。手を変え品を変えたくさんの映画が作られています。
僕らの年代でダンス映画と言えば「フラッシュダンス」をすぐに思い出します。こちらはアイリーンキャラの歌う主題歌「ホワット ア フィーリング」が大ヒットしたのを覚えている方も多いんじゃないでしょうか。ダンスと言えば「フットルース」も同じ頃でしたかね。ケビンベーコンが主演で、初々しかったですね。
それよりも古くなると言わずと知れた「サタデーナイトフィーバー」があります。ジョントラボルタ主演でディスコブームを巻き起こしました。彼はその後ちょっと落ち目でしたが、「パルプフィクション」で見事な復活を遂げましたね。「パルプフィクション」の中でも妙に心に残るダンスシーンを披露しています。
その都度スタイルは変わりますが、ダンスブームは周期的にくるようです。リズムに合わせて体を動かす行為は、人間の何か原始的な部分を刺激するんじゃないでしょうか。ダンスってなんかセクシュアルな感じがしませんか。そういえば鳥だって求愛のために歌ったり踊ったりしますね。
ストレスがかかった状態で動物は繰り返し運動をするそうです。狭い檻に入れられた動物が檻の中をぐるぐる歩き回ることがありますが、あれはリズムを作り出そうとしているようです。
極度に強いストレスのかかった状態の人にランダムな数字を言わせると、「11111」とか「12345」とか並んだ数字しか答えられないそうです。非常にストレスが強い状態では、人間の脳の中でも規則正しい働きの方が強くなってるのかもしれません。
そうするとリズムに合わせて体を動かす行為はストレスに対抗する運動なんでしょうか。もしかするとダンスが流行するのはみんながストレスを強く感じている時期なのかもしれませんね。
人気blogランキングへ
banner_01.gif
スポンサーサイト



第一感「最初の2秒」の「なんとなく」が正しい

読書
04 /29 2006
今日からゴールデンウィークですが、僕は出不精な質なので出かける予定はありません。いつも通りの水泳三昧な毎日といきたいところなんですが、残念ながら月末と言うことでスポーツクラブはお休みです。家ですることも無いのでずっと本を読んでいました。おかげで一冊読み終わってしまったので紹介します。
今日紹介するのは「第1感 『最初の2秒』の『なんとなく』が正しい」と言う本です。何とも興味をそそられるタイトルじゃないですか。僕も最初の2秒でなんとなく購入を決めました。
皆さんは何か判断を下すときにあれこれ悩む質ですか、それとも第一印象で直感的に決めますか。この本によると第一印象で判断するほうが、あれこれ考えて判断するより正しいことが結構あるそうです。例えば美術品の真贋を見分けるプロは、ぱっと見た瞬間にそれが本物か偽物か判断出来るそうです。でもいったいなぜなんでしょうか。
普段僕らには様々な情報が絶えず入力されているわけですが、脳の中ではそれを無意識のうちに分類、整理してデータベースを構築して行きます。僕らが何かを見たり聞いたりした瞬間、実は脳の中では無意識のデータベースと情報の参照、比較、照合が起こっているのです。ですからぱっと見た目の2秒間で実はかなりの情報処理が行われているってわけですね。なので第一印象で下した判断が結構当たっているんです。
じゃあこれから物事を判断する時はいつも2秒で決めちゃえば、間違いが無くなってすべてオッケー:-)。かと思いきや、そうはいかないのが現実の厳しいところ:-P。この第一感、すばらしい判断力を発揮することもあるんですが、実は間違うことも多いんだそうです。
この本の中では第一感を手放しで褒めそやすのではなく、まずはその存在に気づくことが大事であると説き、それが間違いを起こしやすいのはどういう場合か、有効に働かせるにはどうすれば良いかについて解説してくれます。実例がたくさん載っていますが、いずれも興味深いエピソードで面白いです。特に心理学の実験の話を面白く感じました。内容には特に難しい部分は無く、すらすら読めるし休日の読書として手頃だと思います。
この本は当然「第一感」のもつ優れた能力を書いた本なんですが、実は僕は別の感想を持ちました。それは自分の行動が自分の知らないところで何かに影響されているという薄気味悪さです。
普段僕らは自分の行動の主は自分だと思っています。ところが、自分の行動の中の大部分は自分で説明も出来ない無意識の領域の影響を受けているのです。しかも影響を受けていると言う自覚を全く持っていないと言うところがさらに厄介です。
我々には絶えず情報が入力されています。見るとも無く目に入る広告や、流しっぱなしのテレビの音声などから、全く気づかないうちに自分の行動が影響されているとしたらどうでしょうか。これは結構怖いことのような気がします。このブログをクリックしたあなたの行動は本当に自分の意志ですか。何かの影響を受けてませんか。疑いだすときりがありませんよ:-P。
人気blogランキングへ
banner_01.gif

ヴォイニッチ写本の謎

読書
04 /28 2006
一昨日、昨日と一身上の都合により更新が滞っていましたが、今日から晴れて復活です。復活の第一弾は本の紹介にしようと思います。
今日紹介するのは「ヴォイニッチ写本の謎」と言う本です。ヴォイニッチ写本とはいったいなんでしょうか。これは古本屋のウィルフリドヴォイニッチさんが所有していた古本で、13世紀の哲学者、ロジャーベーコンが書いたものとされているものです。ただしこれはただの稀覯書ではありません。何が特別かと言うと文章が読めないことです。この本に書かれている文字は古今東西に類を見ない、言ってみれば「ヴォイニッチ語」で書かれているのです。さらにこの本にはたくさんの植物の挿絵が入っているのですが、この植物も地球上に存在するどの植物とも違ってるため、同定が出来ないのです。誰にも読めない、理解も出来ないこの写本の正体を突き止めようと、様々な人が悪戦苦闘を続けてきましたが、謎は未だに解けていないそうです。
本書ではこれは本当にロジャーベーコンの書いたものなのか、文字の解読は出来るのか、挿絵の意味するものは何か、それともはたまた狂気の産物ではないのか、そもそもこの本が偽物の可能性は無いのかなどいろいろな可能性について検討しています。
この本には写本の一部しか出てきませんが、確かに何とも魅力的な挿絵と文字です。これが全く出鱈目なものと思えないのも無理ないと思います。しかしこういう文字らしきものを見たときに、人間はそこに意味を読もうとしてしまうものなのではないでしょうか。この写本の文字は文字っぽさがかなり良い塩梅で、見るものを解読の誘惑に陥れるようです。
現在でもこの謎にチャレンジし続けている人たちがいっぱいいて、インターネット上で現在も盛んに議論されているそうです。実際"voynich"で検索すると、たくさんヒットしますし、日本語のホームページもあるようです。興味のある方は暗号解読にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
この本の中では暗号に関する解説が丁寧で、文字を置き換えるカエサル式シフト法から始まって、もっと複雑な自動キーシステム、暗号解読のための頻度解析法など、実例を挙げながら非常にわかりやすく説明してくれてます。自分もやってみたくなること請け合いです。ヴォイニッチ解読に嵌まってしまって、人生を狂わさないようご注意ください。
人気blogランキングへ
banner_01.gif

きいちの塗り絵

読書
04 /25 2006
今日は元気に泳いできました。先日泳ぎに行ったときに水泳帽を更衣室に忘れたんですが、帰宅後にすぐに気がついてスポーツクラブに電話したら、受付に届けてありました。今日受け取って来たんですが、忘れ物や落とし物が出てくると本当に嬉しいもんですよね。世間では心寒からしめる事件が続いていますが、なくしものが出てくると世の中捨てたもんじゃないって気になります。
忘れ物と言えば、僕は良く傘を忘れてきます。雨の日に傘を持って出かけて、途中で晴れるともうダメですね。必ずどっかに忘れてきます。なのであまり良い傘は持ち歩かないようにしています。透明なビニール傘で十分ですね。落としてもあんまり惜しくありませんからね。
さて、あんまり物忘れがひどいと、惚けて来たんじゃないかと心配になります。一昨日の晩ご飯が思い出せなくなると要注意らしいですよ。皆さんは一昨日の晩ご飯、覚えていますか。
こうやって毎日ブログを書いていると一日のことを良く思い出せるので、惚け防止には良いかもしれません。惚け防止には手先を動かすのが良いと言われますが、最近、老人達の間で「きいちの塗り絵」が流行っていると聞きました。きいちの塗り絵とは大正レトロな感じの絵柄が懐かしさを誘う塗り絵です。ネットで検索するとすぐに出てきます。これならお年寄り達も楽しくリハビリできるってもんでしょうか。
頭を使うと言えば最近ヨーロッパで「数独」が流行っているそうです。数独とは
縦横9×9の升目に1から9までの数字を重ならないように埋める数字遊びです。多分僕が中学生ぐらいの頃に一度流行った記憶があります。ただローカルな流行だったのか全国的に流行ったのかわかりません。先日operaをインストールしたと書きましたが、operaのwidgetにも数独があるので、最近それで遊んでます。これは結構頭を使う遊びなので惚け防止にはもってこいですね。
人気blogランキングへ
banner_01.gif

CGよりも粘土好き

洋画
04 /24 2006
先日、「ブルックスの知能ロボット論」と言う本を紹介しました。実生活ではまだまだ実用的とは言い難い人型ロボットですが、映画の世界ではもうおなじみの存在です。主役から脇役までいちいちあげていたらきりがないほど頻繁に登場するロボット達ですが、この前そのものずばりの「ロボッツ」と言うCG映画を見ました。
登場するのは全てロボットです。話しのほうは他愛もない話で、映像も最近のCG映画の中では特に出来がいいとも思えませんでしたので、子供向け映画として可もなく不可もなくといったところでしょうか。
機械のように無機質で硬い表面の物体はCGで描くのに向いています。逆に毛などを描くのは大変なんだそうです。「モンスターズインク」には毛むくじゃらのモンスターが出てきますが。あの毛は一本一本別々に動きを計算して描いているんだそうです。すごい作業ですね。女の子の髪の毛が束ねてあるのは、そうしないと大変すぎて描ききれないからなんですね。
「ミスターインクレディブル」には髪の毛が長い女の子が出てきます。技術の進歩によって束ねていない長髪も描けるようになったんですね。「モンスターズインク」と「ミスターインクレディブル」はそれぞれ2002年と2004年の作品ですので、2年分の技術の進歩が髪の毛の長さに現れているわけです。
CGもいいんですが僕は粘土アニメが大好きです。粘土アニメといえば最近では「ウォレスとグルミット」の最新作がアカデミー賞を取りましたね。粘土アニメは人形をちょっと動かしては一こまずつ撮影するので、長編となると撮影の労力はものすごいことになります。経験と勘によって人形を動かしていきますが、動かし方が下手だと動きがちゃかちゃかしてぎこちない映像になります。動きの滑らかな粘土アニメは熟練の技のみが作り出せるんですね。
僕の好きな粘土アニメに「カペリート」があります。これは海外製の一本5分程度の短編作品で、NHKで時々放送されてます。主人公のカペリートはキノコなんですが、魔女から貰った魔法の鼻をつまむとことで、傘の部分をいろんな種類の帽子に変形させることができます。カペリートがシチュエーションにあわせて帽子を変形させながら、いろんなことにチャレンジする日常が描かれています。結構シュールな感じで面白いです。一回5分なのでちょっと物足りない感じですが、これでも作るほうは大変な苦労のようです。
同じNHKで不定期に放送される短編粘土アニメの「ナッチョとポム」も僕は好きです。こちらのほうは宇宙人のナッチョとポムが地球に来訪してはいたずらを繰り広げるものですが、こちらの内容は全くもってシュールで意味不明です。この粘土アニメはユサキフサコと言う方が作っていますが、この人が作る粘土アニメの映像はコマーシャルなどで一度は目にしたことがあると思います。背景も全て粘土になっていて、登場人物とドロドロ溶け合ったりするのが特徴です。実物を見れば誰でもあーあれかと思い当たると思います。独特の雰囲気があって僕は大好きです。
どちらもNHKからDVDが出ているようですので気にある方はチェックしてください。不祥事や料金不払い問題で揺れるNHKですが、こういう映像をもっと流してくれると僕のような粘土アニメ好きは料金を払ってもいいと思うかも知れません。まあ粘土アニメ好きの人数なんて知れてますけどね:-P。ちなみに僕はもちろん毎月払ってますよ。
人気blogランキングへ
banner_01.gif

週末のハンバーガー

料理
04 /23 2006
今日は週末のファーストフード第二弾と言うことでハンバーガーにしてみました。もちろんバンズから手作りです。バンズから自分で作ると全然fastじゃないですね。以下2個分の作り方です。
まずはバンズの作り方です。強力粉50g、薄力粉50g、スキムミルク大さじ1、砂糖小さじ1、塩小さじ1/2、ドライイースト3g、水60ml、牛乳10mlをボールに入れて、粉をひとまとめにします。良く捏ねたらクッキングシートを敷いた天板にのせ、ラップをかけて40℃のオーブンで60分一次醗酵します。
一次醗酵が終わったら、ガスを抜いて二つに分けて丸めます。生地が結構ゆるゆるなので、手にサラダ油をつけて丸めると扱いやすいです。10分ほど休ませた後、上面に溶き卵を刷毛で塗り、その上から胡麻を振ります。再びラップをかけて40分、二次醗酵します。
醗酵が終わったら180℃に熱したオーブンで20分ほど焼けばバンズの出来上がりです。
次にハンバーグですが、ハンバーグのたねはあらかじめ作って冷凍しておくと便利ですよ。タマネギ1/4個をみじん切りにしてよく炒めます。茶色になったら冷ましておきます。ボールにひき肉(牛70g+豚30g)、塩少々を入れて粘りが出るまでよくこねます。そこに牛乳に浸したパン粉10g、卵1/2個、炒めたタマネギを入れてよく混ぜます。2等分して空気を抜きながら厚さ1cmくらいに平たくします。分厚いと破裂しますので、なるべく薄くしましょう。
フライパンに油を引き、強火でよく熱します。そのまま強火で片面を1分焼きます。ひっくり返してふたをしたら、弱火にして5分ほど焼きます。最後にとろけるチーズを上にかけて、程よくとけるまで焼きましょう。
ハンバーグが出来たらバンズを半分に割って軽くトーストして、切り口にマーガリン、マスタードを塗ります。レタス、ハンバーグ、アボガド、トマトの順に具材をのせ、上からケチャップをかけましょう。最後に上側のバンズをのせたら、アボガドバーガーの完成です。
ハンバーグから肉汁があふれてきます。自宅ですので汚れるのは気にせず食べましょう。あふれんばかりに具を挟んでぼろぼろこぼしながら食べるのが美味しいんですよ。
IMG_4505.jpg

人気blogランキングへ
banner_01.gif

有酸素運動

レッスン
04 /22 2006
今日はレッスンに行ってきました。25mダッシュをやらされて死ぬかと思いましたよ。息があがって大変でした。後半は水の抵抗に腕力が負けるのが自分でもはっきり解るくらいバテバテでした。こうなるともう水を後ろに押せなくなります。体が勝手に力を抜いてしまうからです。ここでもう一踏ん張りすると力がついてくるんでしょうけど。いかんせんお気楽スイマーにはダッシュに耐えるだけの根性が備わってないようです。
こんなお気楽スイマーと違って競泳の選手は毎日、体を限界までいじめ抜いて鍛えているわけですが、そんなスイマー達の晴れ舞台、競泳日本選手権が現在行われています。
平泳ぎの北島選手は調子が悪いようです。あれほどの選手でも自分の泳ぎが出来ないことがあるんですね。まあコンマ何秒の戦いですから大変です。数センチ、数ミリの狂いで泳ぎが全く変わってくるんでしょうね。僕のようなお気楽スイマーには伺い知れない世界です。僕なんていつ泳いでも同じペースですからね。これ以上遅くなりようが無いだけですけど:-P。
運動選手のように体を鍛える目的でなく、僕のように何となく体を動かしたいだけの人間には一般的に有酸素運動の方が良いとされています。有酸素運動は無酸素運動と比較して、老化の原因と言われる活性酸素の産生量が少ないと言われていますし、循環器にかかる負担も少なくて済みます。
運動の強度がある限度を超えると、呼吸による酸素の供給が追いつかなくなり無酸素運動になります。限度の目安は心拍数で120回/分ぐらいと言われています。僕が普段泳ぐときは脈は全然上がりませんので余裕で120以下です。ところが水泳の場合は水中では当然息を止めていますから、息継ぎがうまく行かないといつの間にか無酸素運動になってしまいます。
僕はあまり息継ぎがうまくないので、いつも有酸素運動をしているつもりで、無酸素運動をしているのかもしれません。今日のダッシュは明らかに無酸素運動でしたけど。腕の筋肉に乳酸がたまっていくのがわかる気さえしました。乳酸はエネルギー源のブドウ糖が燃焼した後に出来る老廃物質で、これが蓄積すると疲労の原因になります。乳酸は肝臓に運ばれて分解されますが、クエン酸やビタミンB類はこの分解を促進してくれるそうです。疲労回復には肝臓を大事にしなくては行けないんですね。
人気blogランキングへ
banner_01.gif

ウェブブラウザ

コンピュータ、スマホ
04 /21 2006
今日は仕事が忙しくて泳ぎに行けませんでした。まあ明日はレッスンですので、今日はゆっくり休んで英気を養って置きましょうかね。
ところで皆さんウェブブラウザは何を使っていますか。僕のコンピュータは今Mac Book Proなんですが、MicrosoftのInternet ExplorerはMac版のバージョンアップを止めたようなので使っていません。そこでApple標準のSafariを使っています。以前はFire Foxを使っていたので、とりあえずインストールしたんですが、始めの頃はIntel Macに正式対応していなかったので、動作が遅くてちょっと使う気になれませんでした。
最近になってようやくFire FoxもIntel Macに正式対応したので早速アップデートしてみました。動作が格段に速くなってとってもいい感じです。Safariと遜色ないほど高速に動作します。
Fire Foxの良いところは機能拡張が簡単に出来ることです。拡張機能をインストールすることで、iTunesをブラウザから呼び出して音楽を聴いたりすることが出来ます。マウスゼスチャーを使うことも出来るようになります。ただバージョンアップするときに、機能拡張の方が対応しなかったりすることがあるので注意が必要です。
今日はさらにOpera9の最新ベータ版をインストールしてみました。こちらはwidget engineを搭載しているのでウェブブラウザからwidgetを呼び出して使うことが出来ます。widgetと言うのは簡単なミニプログラムで、時計とかカレンダーはもちろんテトリスとかたくさんの種類があります。使わないときには隠れているのでウェブを見るのに邪魔にもなりません。必要なときだけ呼び出して使うことが出来ます。まだベータ版ですからバグがあるかもしれませんが、しばらく使ってみようと思いました。
いろんなウェブブラウザがありますが、それぞれに特徴があって使い勝手も違っています。いろいろ使ってみるのも楽しいですよね。
人気blogランキングへ
banner_01.gif

ブルックスの知能ロボット論

読書
04 /20 2006
今日は仕事が忙しくて泳ぎに行けませんでしたが、先週からちょっとずつ読んでいた本を読み終わったので紹介します。
今日紹介するのは「ブルックスの知能ロボット論」と言う本です。ブルックスっていったい誰って感じですが、マサチューセッツ工科大学人口知能研究所所長のお偉い教授で、ロボット研究の第一人者だそうです。ブルックス先生が知能を持つロボットの研究について解説してくれます。
皆さんロボットと言うとどんなものを思い浮かべますか。この本で扱うロボットは、あくまでも自分で周囲の状況を把握して対応できる自律型のロボットのことです。だからわざわざ知能ロボットと書いているんですね。なので話題はロボットのことだけでなく、そもそも知能とは何かと言った問題にも及びます。
僕は特に第4章が面白いと思いました。第4章では人間型ロボットについて書いてあります。
僕らが普段何の気なしにやっていることでも、いざロボットにやらせると難しいことが多いそうです。例えば屋外でロボットを動かすだけでも結構大変なんだとか。なぜなら、屋外では景色が時々刻々と変化するからです。僕らは景色を見るとき写真を見るようなイメージを意識していますが、実際の目からの入力はこうなっていません。視線は絶えず動きますから、本当は手ぶれの激しい画像が入力されているはずです。さらに日光は絶えず変化しますし、風で木の枝が揺れたり景色は常に変化しています。僕ら人間はそんな変わり続ける景色の中にいても、それが変化していると意識しません。それは脳の中で網膜からの入力信号を変換するからです。その結果として写真のような景色を意識の中にイメージできるわけです。この脳内で起こる信号の変換についてはまだほとんど解っていませんので、変化する屋外の景色をロボットにどう処理させたら良いのか解らないのです。
つまりロボットに人間のような行動をとらせるためには、もっと人間自身のことを知る必要があるのです。この第4章では視覚を始めとする人間の知覚をロボットで再現する難しさについて書いていますが、まさに「目から鱗」な話がいっぱいで非常に面白いです。
さてそんな人間の知能に近づいたロボットが我々の生活に入って来たらどうなるんでしょうか。続く第5章ではブルックス先生がそんな近未来の生活を予想しています。そこで登場する知能ロボットとはいったいどんなものでしょう。それはなんと掃除ロボットです。そうそう、お掃除大変だもんね、ロボットにやってもらわなきゃって、オーイ、掃除なんて自分で出来るやんと突っ込みを入れたくなること請け合いです。これは兎小屋に住む日本人の感覚で、アメリカ人的にはお掃除ロボット大歓迎なんでしょうか。
第6章では遠隔操作ロボットにガスの元栓を締めたかどうかを確認させる話が出てきます。ロボット開発や研究の話は面白いのに、応用例の話になるととたんになんだかなあと言う話が多くなる気がします。
僕はこの4章から5、6章にかけてのギャプを非常に面白く思いました。つまり人間理解のモデルとしてのロボットおよびその研究が、ロボットそのものの研究あるいはその応用よりも面白いと言う逆説です。ロボットが我々にとって興味深いのはそれがあくまでも我々を映す鏡であるという意味においてと言うことではないでしょうか。まあブルックス先生はそんなこと思ってないでしょうから、これはあくまでも僕の誤読ですけどね:-P。
ロボットの応用については、現在の技術がまだ未熟なので、今後の発展は予測できないとブルックス先生は強調します。インターネットがこれだけ生活の中に入り込むと10年前には想像もできなかったんだから、今後ロボット技術が我々の生活をどれだけ変えるかなんて解らないと言うわけです。このロボットの応用と言う面について気になったことを一つ。本文中では()に囲んでさらりと書いてあるだけなんですが、このブルックス先生、アメリカ軍の委託で"次世代攻撃型ロボット"の研究にも着手しているんだとか。うーん物騒だなあ。まあロボット技術も使い方一つで人を幸せにも不幸せにもするってことですかねえ。知能ロボット兵士が中東のどこぞの国へと派兵されないことを祈りますよ:-P。
最後にまたもや値段についての文句を。この本3200円もするんですよ。確かにいろいろ面白いですけど3200円は明らかに高いでしょう。表紙もふにゃふにゃですしせいぜい1500円がいいとこだと思います。なんか値段の文句ばっかり言ってるみたいですけど、読んだ面白さとそれに見合う値段ってあると思うんですよね。まあ僕がせこいだけかもしれませんが:-P。
人気blogランキングへ
banner_01.gif

Mary J Blige

CD
04 /19 2006
今日も元気に泳いできました。よくもまあ飽きないもんだと自分でも感心しますけど。やっぱり体動かすのは気もち良いです。
さて泳ぎの方は進展が特にないので、今日はお勧めアーティストを紹介しておきます。僕は家ではたいていインターネットラジオを流しっぱなしにして過ごしています。最近はヒップホップを聞いてますが、曲名やアーティスト名が表示されるので気に入った曲が流れるとチェックしています。
それで最近僕がお気に入りなのはメアリーJブライジと言う女性アーティストです。92年のデビューですが、7歳の頃から教会の聖歌隊で歌っていたそうですから、キャリアは十分ですね。最新のアルバムは「ザブレイクスルー」です。
音楽について言葉で表現するのは難しいですけど、彼女の歌声は力強さがあってソウルフルなんですが、しなやかなのであまりずっしりこない感じだと思います。うまくは表現できませんが、クイーンオブヒッピホップソウルの称号はだてじゃないと思います。僕はEnough Cryinと言う曲が特に好きです。お勧めです。
人気blogランキングへ
banner_01.gif

キャッチアップクロール

水泳雑感
04 /18 2006
今日は暖かい一日で気持ちよく泳いできました。今日はキャッチアップクロールの練習をしてきました。キャッチアップクロールとはいったん両手を前でそろえてからストロークするクロールのことです。スピードは出ませんが体力の消耗が少なく、長距離を泳ぐのに適しているとされています。
片方の腕をまっすぐ前に伸ばしたままストロークすると、水の抵抗が少ないので、体がすーっと前に進むのを実感することが出来ます。これなら長く泳げそうです。
ところが腕を伸ばしたままにしておくのが意外と難しいのです。特に息継ぎのときは体を浮き上がらせるために、反対側の腕を早く振ってしまいまいがちです。そうすると水の抵抗でがくんとスピードが落ちます。いつまでたっても出来ないことがたくさんあります。奥が深いですねえ。
まあこんな感じで僕の水泳は一進一退なんですが、我らが巨人軍の方は快進撃ですねえ。今日も勝っちゃいました。去年は散々でしたがどうしたんでしょうか。けが人もたくさん出てますが、それでも負けませんねえ。
けが人と言えば桑田投手も足首を捻挫してしまったようです。600日ぶりに勝ち星を挙げたばかりだったので残念です。僕は彼と歳が一つ違い(僕が一つ下)なのでなんだか親近感があります。清原選手はオリックスに移ってしまいましたが、どちらもがんばって欲しいですね。
人気blogランキングへ
banner_01.gif

自閉症裁判

読書
04 /17 2006
早いところではツツジが咲き始めたようです。暖かくなってきましたねえ。
せっかく暖かいのに今日は仕事が忙しくて泳ぎに行けなかったので、本の紹介をしておきます。今日紹介するのは「自閉症裁判」と言う本です。
皆さんレッサーパンダ帽の男を覚えておられるでしょうか。浅草で女子大生が刺殺され、犯人がレッサーパンダの帽子をかぶって現場付近をうろうろしているのが目撃されて話題になった事件です。結局犯人は逮捕されましたが、被害者とは一面識もない通り魔的な犯行でした。
逮捕後は世間の関心も薄れてその後マスコミに取り上げられることもあまり無かったように記憶しています。僕はこの本で初めて知ったのですが、犯人は自閉症だったそうです。この本は事件の発生から裁判そして判決までを追ったルポルタージュです。
事件の加害者の精神に障害者がある場合、犯行時に心神喪失状態と判断されれば、責任無ければ刑罰なしの原則に従って罪には問われません。しかし被害者の家族にとっては犯行時の犯人の精神状態なんて知ったこっちゃありませんから、犯した罪は償うのは当然と思うのも無理無いことです。結局犯人を罪に問うべきかどうかの判断は司法の場にゆだねられます。
しかし被害者と加害者の立場が重なることはありませんから、あちらをたてればこちらが立たずと言うことで、大変難しい問題です。本書では裁判の経過を丁寧に追い、障害者を裁くことの難しさや問題点を提起します。
この本の著者の佐藤幹夫氏はフリーのジャーナリストですが、その前は養護教諭を20年ほど勤めた経験があるそうです。ですから障害者福祉の現場にも詳しく、自分でも「福祉の側の人間」と書いています。
だからといってこの本は、福祉の側から犯人の減刑を求めるたぐいのものではありません。著者はあくまで事実を伝えるジャーナリストと言う立場に徹し、なるだけ多くの人にこの事件のことを知ってもらい、今後障害者が加害者にならないためにはどうしたら良いのかを考えて欲しいと願っています。
最近の報道を見ていると報道関係者の無根拠な自信が目につきます。自分は正義の側にいる、あるいはそこまでいかなくても自分は公正、中立で真実を報道していると言った感じです。そんな無根拠な自信よりも、この著者の自分の立場は偏っていないだろうか、あるいは取材対象を傷つけてはいないかと常に自分を疑う気持ち、そして最終的には中立にはなれないのだから、せめてそのことに自覚的であろうとする姿勢はよっぽど真摯な印象を与えていると思います。
そんなわけで、内容は重い本ですが読後感はそんなに嫌な感じがしません。特に犯人の妹さんのエピソードは適当な表現か解りませんが感動的ですらあります。いろいろ考えさせられる良い本だと思いました。
人気blogランキングへ
banner_01.gif

pizza

料理-洋食
04 /16 2006
今日も平和な日曜日を迎えることができました。せっかくの日曜日ですので、食事も休日気分で普段あまり食べないものを食べたくなるものです。と言うことで、今日はピザにしました。
皆さんはお気に入りの宅配ピザ屋はありますか。宅配ピザでも美味しいんですけど、日曜日の僕はたいていやることも無くて暇を持て余しているので、今日は生地から作ってみることにしました。ダイエーでもらって来たレシピを参考に料理開始といきましょう。
まずはトマトソースから作ります。ニンニク一かけをみじん切りにし、オリーブ油大さじ1で炒めます。弱火で焦がさないように気をつけましょう。香りが立って来たらトマトの缶詰一缶を汁ごと投入します。火を中火に強めて15分くらい煮詰めます。あらかじめトマトのカットしてある缶詰を使うと便利です。たくさん出来るので余った分は冷凍しておきましょう。
次にピザの生地2枚分です。ぬるま湯100ccに砂糖小さじ1を溶かします。そこにドライイースト3gを溶かします。さらに塩小さじ1/3、オリーブ油大さじ1を加えて混ぜます。強力粉150gをボールにふるって、真ん中をへこませておきます。そこにイースト入りのぬるま湯を入れ、周囲から粉を崩してひとまとめにまとめます。まとまったら滑らかになるまで良くこねます。
この生地にはイーストが入ってますが醗酵なしで使えるそうです。なのでこのまま半分にわけて、たいらにつぶします。中心から周囲へ丸くなるように伸ばして行きます。出来る人は生地を空中にくるくる投げて伸ばしてもかまいませんけど:-P。
生地が出来たら次は上にのせる具ですけど、今日はシンプルなマルゲリータにしてみました。マルゲリータはバジルとモッツァレラだけで作るシンプルなピザです。
広げた生地に先ほどのトマトソースを薄く塗ります。バジルを適当に並べて、その上に3ミリほどにスライスしたモッツァレラチーズをのせます。上からオリーブ油をかけて、250℃のオーブンで4~5分焼くと出来上がりです。
ピザはなるべく高温で一気に焼いた方が良いんですが、オーブンによっては温度が低いものもあります。そんなときはガスレンジについている魚焼きで焼くのがおすすめです。僕はこれを使ってます。美味しく焼けますよ。焼けたら最後にバジルを上にトッピングして出来上がりです。
ここまで読んで味付けはどうなってんのと思われた方もいると思います。僕もそう思いました。調味料をほとんど使ってないんですよね。ダイエーのレシピ大丈夫かいなとも思いましたが、結局ダイエーを信じてこのレシピのまま作ってみました。味は本当にトマトの味だけなんですがこれが意外と美味しくてびっくりです。ダイエーを見直しました。再建がんばれって思いましたね。でも最近は近所にもっと安売りのスーパーが出来たのでダイエー行ってないんですけど:-P。ごめんねダイエー、でも美味しかったYo。
IMG_4458.jpg

人気blogランキングへ
banner_01.gif

マトリクスリローデッド

洋画
04 /15 2006
昨日は飲み会で、ちょっと飲み過ぎて帰ってくるなり寝てしまったので、更新できませんでした。二日酔いはグレープフルーツジュースですっきり解消ですが、今日は家でゆっくりしておりました。
家でテレビを見ていたら「マトリクス リローデッド」をやっていました。仮想世界で繰り広げられるコンピュータと人間の戦いを描いた3部作のうちの第2作です。まあ大ヒットしたようですから、今更説明の必要も無いですかね。
マトリクスと言うのはコンピュータが作り出す仮想世界のことです。人間は電源としてコンピュータに培養されていますが、神経をマトリクスと接続されているので、普通に生活していると思い込まされていると言うわけです。ごく少数の人間だけが地下に潜ってコンピュータに対抗しているのですが、そこにキアヌリーブス扮する救世主が現れ、コンピュータと仮想世界の中で対決すると言うわけです。
このような管理された社会からの逃走と言うテーマは昔らか手を変え品を変え描かれてきました。古いところでは「2300年未来への旅」とか。SF映画の傑作「2001年宇宙の旅」と似た邦題がつけてありますが、原題は「Logan's Run」と言うものです。「2300年」と言っていますが映画の舞台は2274年で、結局は全くの便乗商法ですね。内容は管理社会からの逃走を描いているわけですが、至る所に穴のあるストーリーとちゃちな特撮映像でB級テイスト香しき作品です。
で、「マトリクス」の方は金かかっているだけあって映像はすごいですね。しかしあのカンフーもどきのアクションはどうでしょうか。ハリウッド的には珍しいんでしょうけど、香港映画を見慣れた目にはちょっと安っぽい感じがしますね。
この「リローデッド」では高速道路のカーアクションがすごいです。一見の価値ありと思います。撮影用に高速道路を建設しただけのことはありますね。
ただ僕としては同じ管理社会との戦いを描いた映画では、「リベリオン」の方をお勧めしたいですね。アクションのかっこよさではこちらの方が上なのではないかと思います。まあ好みの問題ですけど。この映画の中では拳銃をまるで刀のように振り回す「Gun-Kata」と言う格闘術が出てきます。Gunとはもちろん銃のことですが、Kataというのは「形」、空手などの形のことです。これが見ていて非常にかっこ良いんですよね。主演はクリスチャンベールです。最近はバットマンになってましたが、この人バットマンにはちょっと線が細いかなあと言う気がします。この映画ではアクションもぴたりと決まってかっこ良かったですよ。アクション好きな方はご覧ください。
人気blogランキングへ
banner_01.gif

宇宙はこうして誕生した

読書
04 /13 2006
今日は仕事で出かける機会があったので、電車の中で本を読みました。今日読んだ本は「宇宙はこうして誕生した」と言う本です。これは佐藤勝彦と言う宇宙物理学の先生が一般人向けに行った講演を中心に本にしたものです。もとが一般人向けの講演ですから特に難しいことは書いてません。宇宙は約137億年前に誕生したそうですが、そもそも宇宙の始まりとはどんなものだったのかを佐藤先生が教えてくれます。
宇宙は熱い火の玉から始まったと言うビッグバン理論は知っていると思いますが、ビッグバンによって生まれた宇宙は、ほんの一瞬にして何億光年と言う大きさに膨張したんだそうです。この宇宙は生まれてすぐに急激に膨張したとする説のことを「インフレーション理論」と言うそうで、著者の佐藤先生はこのインフレショーション理論の提唱者の一人だそうです。このインフレーション理論をはじめ、宇宙の誕生に関しては理論的な研究しかできなかったのですが、現在では実際に観測することができるようになってきました。
どうやってそんな過去のことを観測するんでしょうか。それは遠くの星を観測すればいいんです。光が地球にやってくるまでに時間がかかるので遠くの宇宙を観測すれば、昔そこから出た光が現在地球に到達していると言うことになります。問題は遠くになるほど暗くなって観測が難しくなることです。最近では人工衛星に望遠鏡を積んで地球の空気に邪魔されずに宇宙を観測できるようになったので、遠くの宇宙が観測できるようになったと言うわけです。例えると月でタバコに火をつける明かりを地上で観測するようなものなんだそうです。こうして宇宙が生まれた頃の様子を実際に観測したところ、今まで考えられていた理論と実に良く一致していたそうです。
このような最近の宇宙誕生に関する研究成果を解りやすく説明してあります。理論の方はさっぱりチンプンカンプンなので、まあ一致していたと言われればそう信じるしかありませんけど:-P。
さてビッグバン以前の宇宙はどうなっているのでしょうか。最新の物理学の理論によると、ビッグバン以前の宇宙は空間も物質も存在と非存在の間を揺らいでいる状態で、そこから宇宙がトンネル効果によってぽろっと生まれて来たそうです。解りますか?
しかも今我々が住んでいるこの宇宙は実は10次元で、物質は10の35乗分の1メートルの「ひも」でできているそうです。6次元がこの「ひも」に小さく折り畳まれているので世界は見かけ上、縦横高さの3次元と時間の4次元になっているそうです。解りますかー?
何ともめくるめく世界ですね。自分がこんなにすげー世界に住んでいるとは知りませんでしたよ。あなたも私も「ひも」でできているらしいですよ。せいぜいほどけないように気をつけないといけませんね:-P。
しかしこれだけいろんなことが解って来ている我々の宇宙ですが、この世界を構成している物質の96%はまだ正体が分かってないそうです。ダークマターとかダークエネルギーと呼ばれる謎の物質とエネルギーなんだそうですよ。宇宙は謎だらけと言えますね。
他にも宇宙の膨張が最近になって加速し始めたとか面白い話題がいろいろ乗っています。僕が一番面白いと感じたのは、この宇宙が唯一の宇宙ではないかもしれないと言う話です。宇宙の始まりのときの条件がちょっと違えば、別の宇宙になっていたかもしれないそうです。しかもその宇宙では物理法則も今のこの宇宙とは違っていたかもしれないと言うことです。何とも想像力を刺激する話ですよね。
いろいろ面白い本ですが、最後に苦言を少し。帯に「2時間でたどる137億年の歴史」と書いていますが速い人なら1時間くらいで読めそうです。値段のほうはこれで1470円はぼったくりだろうと言わざるを得ません。せいぜい980円が良いとこなんではないでしょうか。第2章は科学者同士の対談ですが内容は散漫ですし、第3章に至ってははっきり言ってページ数の水増しとしか思えません。
まあ毎日せせこましい日常生活を送っている人間としては、たまにはこういう大宇宙の問題に思いを馳せるのも悪くないですね。とにかくスケールが違います。宇宙の年齢137億年を始め10の34乗とかすごい桁数がたくさん出てきます。いつもせいぜい10の3乗円の範囲で生活してますから、これだけでも気分が大きくなるってもんです。1470円ごときで文句言っちゃ罰が当たるかもしれませんね:-P。読んだ後は星空がいつもと違って見えること請け合いです。
人気blogランキングへ
banner_01.gif

蜂蜜レモンのシフォンケーキ

ケーキ
04 /12 2006
今日は暖かい一日となりましたが、皆さんはいかがお過ごしでしょうか。暖かいのは良いんですが、ちょっと湿度が高めでうっとうしい感じの一日でした。さてこんな日はさわやかなデザートでも作ってみたくなるもんです。と言うわけで、蜂蜜レモンのシフォンケーキを焼いてみました。
以下直径15cmのシフォン型の分量です。蜂蜜30gと卵黄2個をホイップマシーンでよく混ぜます。とろとろになるまで良く混ぜましょう。そこに牛乳15g、サラダ油25gを加えてよく混ぜます。ちょっとずつ加えて、とろみがなくならないように気をつけてください。最後にレモンの絞り汁一個分を加えてさらに良く混ぜます。最後にふるっておいた薄力粉40g、ベーキングパウダー小さじ1を加えて粉っぽさがなくなるまで混ぜます。
別のボールで卵白3個に砂糖25gを加え、メレンゲを作ります。砂糖はちょっとずつ加えましょう。ボールを逆さにしても落ちないくらいしっかりしたメレンゲができたら先ほどの生地と混ぜます。空気をつぶさないように、均一になるまで丁寧に混ぜます。よく混ぜすぎると膨らまないと書いてありますが、メレンゲがしっかりできていれば結構大丈夫なようです。
170℃に予熱しておいたオーブンで30分ほど焼けばふっくらシフォンケーキの出来上がりです。
しかしここで悲劇が僕を襲いました。あまりに膨らみすぎたためにシフォンケーキがオーブンの天井まで届いてしまい、上の部分が真っ黒にこげてしまったではありませんか。
煙が出てきたのに気がついて慌ててオーブンからレスキューしましたが時すでに遅し。しかも中は焼きが足りない状態で、とほほなシフォンケーキが出来上がりました。おこげの部分を取り除いていただきましたが、ほろ苦い味がしましたとさ。
IMG_4419.jpg

人気blogランキングへ
banner_01.gif

ファームウェアのアップデート

コンピュータ、スマホ
04 /11 2006
今日はいつものように元気に泳いで参りました。元気と言えば我らが巨人軍も元気ですねえ。今日も快勝ですよ。原監督の采配が良いんでしょうか。こんなことなら辞めずに続けていたら良かったですね。とは言ってもまだ始まったばかりですから油断は禁物なんですけど。
さて、今日は泳いで来たものの水泳の方はこれと言った進展も無かったので、今日はMacBookProの使用レポートと行きましょう。
最近BootCampと言うソフトがapple computerから公開されて巷で話題になっています。これはMacでwindowsを動かせるようにすると言うものです。僕はパッケージ版のwindowsを持っていないので関係ない話かと思っていたのですが、ファームウェアをアップデートすると、windows以外のOSを起動させることができるようになるそうです。
早速試してみました。ファームウェアをアップデートした後、Dreamlinuxと言うPC用のLiveCDをセットして再起動します。optionキーを押しっぱなしにして起動すると、起動ディスクの選択画面が出てきますが、確かにLiveCDが起動ディスクとして選択可能になっています。これを選択して起動するとLinuxの起動プロセスが始まります。
がしかーし、途中でハングアップしてしまいました。どうもこのLiveCDではうまく行かないようです。ネットを検索してみると、KNOPPIXでは起動できたと言う報告もあります。今後もいろいろ試して見ようと思いますが、うまく起動したとしてもドライバが無かったりいろいろ問題はあるようですので、なかなか一筋縄では行かないようです。
MacOSXで困ることは無いんですが、Linuxのソフトで使い慣れたものがいくつかあるので、使えれば良いかなあと思ったところでした。今後もぼちぼち試して行くとしましょう。
人気blogランキングへ
banner_01.gif

心は実験できるか

読書
04 /10 2006
今日は忙しくて泳ぎに行けなかったので、本の紹介をしておきます。今日紹介するのは「心は実験できるか」と言う本です。この本では10個の有名な心理学実験を取り上げて、その真否の程について検討しています。著者のローレンスレイターは元心理学者ですが専門的になりすぎることはなく、一般人にも解り易い内容になっています。
本書で扱っている実験はどれも有名なものばかりだそうで、誰でも一度は聞いたことがあるものが入っていると思います。例えばミルグラムの電気ショック実験は僕も聞いたことがありました。
まず被験者は電気ショックを与える人と受ける人に分かれます。受ける人は単語を質問され、つづりを答えます。与える人は受ける人が間違えるとスイッチを押して電気ショックを与えるよう指示されます。実際には電気は出ておらず、受ける人は電気で苦しむ演技をしているだけの仕掛け人です。与える人は間違いの回数が増えるにつれ電流を大きくするよう指示されます。受ける人の苦しむ演技はだんだんエスカレートして、最後には心臓に病気があるから電気を流さないよう泣き喚いて懇願します。命に関わると思われるこの段階に来ても、多くの人が電流を流し続けてしまうそうです。この実験は人間がいかに権威に従いやすいか、これに逆らうことが難しいかと言うことを示した実験として評価されています。
著者はこのような10個の心理学実験について、実際に実験をやった研究者や受けた被験者にインタビューをしたり、実験を自分で体験したりしながら、これらの心理学実験が果たしてなんであったのかを再考します。
実験と言うのはそもそも客観的でないといけませんが、物理学など他の研究に比べると心理学実験の場合、結果の解釈に実験者の主観が入り込む余地が大きいと思われます。そこで著者はインタビューなどで実験者がその実験を通して見たかったものに迫ります。これは研究者にとっては不本意なことと思われます。予断を持って実験に望んだと思われていると取れるからです。しかし著者の目的は実験者を批判することにあるわけではありません。ではその目的とは何でしょうか。
もともと心理現象と言うのは個人的なもの、微妙なもの、曖昧なもの、移ろいやすいもので、研究対象としては扱いが難しいものです。例えば不安という心理現象を考えて見ても、それは人によって内容が全く違っている可能性があります。しかし実験として扱う場合、僕がここで感じる不安とあなたがそこで感じる不安を、比較可能な数字に変換する必要があります。本来主観的である心理現象を客観的な数値に変換して初めて実験的に扱えるようになるわけです。したがって最終的に出来上がった研究論文からは、心理の持つ曖昧さ、微妙さ、移ろいやすさなどはすっかり抜け落ちてしまいます。この実験の過程で抜け落ちたものを探すことが著者の目的であると思われます。実験と言う機械的な操作を人間の営みへ、データの一つに変換された被験者の心理を個人の心へと復元する試みなわけです。
ですからこの本は心理学実験についての解説書ではありません。心理学実験をめぐる物語だと言えます。人の心という、最も身近にあるはずなのに不可解なものに戸惑い、それを理解したいと苦闘する人々の物語です。
中には著書の思い込みが強すぎるんじゃないかと思える部分があったり、素直に頷けない部分もあります。ですから解説書と思って読むとがっかりするかもしれません。むしろ人の心についてのお話しを読むと言った気持ちで読むのが吉な本だと思います。各章は独立していて何処からでも読めますので気軽な気持ちでどうぞ。
人気blogランキングへ
banner_01.gif

ヘルニア

水泳雑感
04 /09 2006
今日は久しぶりに普通に泳いできました。しばらく泳いでいなかったりすると調子が狂いますね。なんか泳ぎがぎこちない感じがします。普段からそんなにスムーズに泳げているわけではないんですが。
今回一週間ほどスポーツクラブが使えなかったんですが、何でもなくなってみて初めてありがたみが解りますね。快適な環境で泳げるのはありがたいことです。
それに水泳はやっぱり気持ちいいです。水泳は全身運動なのが良いところだと思います。局所の筋肉を使うスポーツは体を痛める原因になったりします。今まで泳いでいて体のどこか痛くなったりしたことは一度もありません。まあそんなにハードに泳いでいるわけではないですからね:-P。いろんな筋肉をバランスよく使えるのが良いのではないかと思います。
何事もバランスが大事で、例えば腹筋と背筋の強さが極端に違うと、ヘルニアになりやすくなったりするそうです。背骨は小さな骨が連なって一本の柱のようになっています。骨と骨の間は関節になっているのでしなやかに曲げることができます。この骨と骨の間に椎間板と言うクッション材が入っているのですが、これが背骨の間から飛び出して神経を圧迫するのが椎間板ヘルニアだそうです。
背骨は常に下向きに重力がかかっています。垂直に力がかかれば良いんですが、前後左右に傾いて力がかかると、椎間板が飛び出しやすくなるんですね。
学生時代の友人にテニスをやっている人がいましたが、左右の腕の長さが違うと言っていました。球技は利き腕の側ばかり使うことが多いので、あんまりやりすぎると体のバランスを崩してしまいそうです。その点、水泳は前後左右の筋肉がバランスよく鍛えられますね。
先日僕の通うスポーツクラブで、体のバランス測定をやっていました。目を閉じて測定器の上にじっと立つだけで、体重の一番かかる地点を測定して表示してくれます。この地点の動きが線で表示されるんですが、線がたくさん引かれると、それだけ重心が動いていると言うことで、体のバランスが悪いことを意味します。
僕も測定してもらいましたが、一応、年齢相応と言う結果でほっとしました。僕は肩にかける鞄をずっと愛用しているんですが、癖で常に右肩に掛けていたので、体が傾いてんじゃないかと心配していました。まだ傾きはひどくなさそうです。これからは気をつけて左にもかけるとしましょう。
人気blogランキングへ
banner_01.gif

深夜のB級映画

洋画
04 /08 2006
今日は新装開店のスポーツクラブで泳いできました。と言っても外装とトレーニングマシーンが新しくなっただけで、プールの方は以前と全く変化なしです。レッスンの内容と時間帯がちょっと変わったようです。面白そうなレッスンがあれば受けてみようと思いますので、またレポートしたいと思います。今日、僕が行った時間は子供水泳教室の時間帯と重なってしまったのでほとんど泳げませんでした。そんなわけで水泳の方はちょっと不完全燃焼な一日でした。
家でくつろいでいたところ、今日はテレビで「ターミネーター2」をやってました。「ターミネーター」が大ヒットしたおかげで、アーノルドシュワルツェネッガーはスターの仲間入り、ジェームズキャメロン監督も出世して、このパート2は堂々の大作となっています。でも最初のターミネーターは安っぽさの漂う感じがもっとあって、B級映画と呼んでも差し支えないでしょう。
お金をかけた大作も良いですが、僕は低予算で作られたB級映画が結構好きです。ターミネーターシリーズにはリンダハミルトンが出演していますが、このリンダハミルトンつながりで、僕の好きなB級映画を紹介しておきましょう。その映画は「ブラックライダー」です。リンダハミルトンのお相手となる主人公は若き日のトミーリージョーンズと言う何とも濃い配役となっています。
FBIの依頼である悪徳企業の不正の証拠を盗み出した腕利きの泥棒、トミーリージョーンズですが、追っ手から逃れるためその秘密を撮ったテープを試作車ブラックムーン号の中に隠します。この車は未来のハイテク車でモーターショーに出品するため移動中です。トーミーリージョーンズは追っ手から逃れた後、テープを回収しようとしますが、なんとこの車が高級車専門の窃盗団に盗まれてしまいます。この窃盗団の女ボスがリンダハミルトンで、窃盗団の雇い主はロバートボーン扮する悪徳企業の社長。かくしてトミーリージョーンズ、窃盗団、悪徳企業の社長、FBIが入り乱れてのブラックムーン争奪戦を繰り広げると言うわけです。
僕はこの映画をずいぶん昔に深夜のテレビで見ました。週末の深夜なんかにこの手のB級映画をやっていることがありますよね。こんなものいったい誰に向けて放送しているのか?な感じですが、たまたま見てしまうと何かしら心に引っかかって後々まで忘れられない、そんなB級映画に出会いたくて僕はよく深夜に放送される映画を見たものです。最近はビデオがありますし、その手のB級映画の情報もたくさんありますから、なかなかこんな出会い頭のB級映画との遭遇がなくなってしまいました。
この映画もチープな感じが全編に漂いながらも、キャストが濃くて妙に印象に残る映画でした。話の方はありがちと言うか、ストレートと言うか、捻りなしと言うか、お世辞にも良いとは言えませんが、脚本はあのジョンカーペンターだそうです。ジョンカーペンターは「惑星からの物体X」や「ニューヨーク1997」と言った小気味よい啓作の監督として有名です。
そういえばジェームズキャメロンは「ニューヨーク1997」に特殊効果担当で参加してましたね。まあそんなB級映画まめ知識はどうでも良いんですけどね。この「ニューヨーク1997」でも監督と主演でコンビを組んでいるジョンカーペンター&カートラッセルは、僕にとってB級映画のゴールデンコンビです。皆さんもこのコンビにはご注意ください。
人気blogランキングへ
banner_01.gif

二日酔いにはビタミンC

ケーキ
04 /07 2006
今日は職場のみんなとお花見でした。ちょっと飲み過ぎましたね。
皆さん飲み過ぎたときにはどうしていますか。僕はグレープフルーツジュースを飲んでいます。グレープフルーツに含まれるビタミンCがアルコールの分解を促進するんだそうです。効果てきめんですよ。むかむかしているときでもすっきりします。この記事もグレープフルーツジュースを飲みながら書いています。
ところで皆さんはサプリメントのたぐいを飲んでいますか。僕は使ったことが無いです。栄養は食べ物から摂るのが良いですよね。美味しいものを食べて、必要な栄養が取れれば理想的です。
ビタミンCを含む食べ物と言えばすぐに柑橘類が思い浮かびますね。そこでオレンジケーキのレシピを紹介します。
バター50g、砂糖50gをよく混ぜます。泡立器で白っぽくふわっとするまでよく混ぜてください。よく混ざったところへ溶き卵一個を2~3回に分けて加えます。これもよく混ぜてください。あらかじめ薄力粉75g、強力粉25g、ベーキングパウダー小さじ1をあわせてふるっておきます。そこへラムレーズンを50g加えて粉をまぶすように混ぜます。先ほどのバター、砂糖、卵を混ぜたものとあわせ、さっくりと混ぜます。ラムレーズンはレーズンをお湯で洗って、ひたひたになるくらいのラム酒に入れ、数日間冷蔵庫でつけておきます。さらにオレンジ果汁一個分、オレンジの皮をすったもの少々を加えます。オレンジの皮はよく洗ってオレンジ色の部分だけすってください。すべて混ぜ合わせたら、型に流して180℃で10分、160℃に下げて20分ほど焼けば出来上がりです。
表面はさっくり、中はしっとり出来上がります。
IMG_4306.jpg

人気blogランキングへ
banner_01.gif

惑星大怪獣ネガドン

邦画
04 /06 2006
今日はテレビで「アイスエイジ」をやっていました。この手のフルCGアニメも段々珍しくなくなってきましたね。
フルCGアニメと言えば、最近たまたま「惑星大怪獣ネガドン」と言う映画を見る機会がありました。この映画は粟津順監督が怪獣映画誕生50周年と言うことで、昭和の特撮映画をフルCGで再現したものです
僕の年代の男子は、誰しもゴジラ映画を見て育ったと思います。僕の生まれ育った町は、結構な田舎町だったので、映画館と言うものが無く、映画と言えばお盆と正月に公民館で上映されるゴジラ映画のことを意味すると言う環境で育ちました。僕らが子供の頃に見ていたゴジラ映画と言えば、現在のようにCGなんかあるはずも無く、怪獣はすべてぬいぐるみ感丸出しですし、飛行機にはワイヤー丸見えと言った代物なんですが、こんな子供だましにだまされるのが子供たる所以と言うか、手に汗握って熱くなってましたね。
そんな僕らの世代の人間にとってはこの映像はつぼにはまること請け合いですね。何ともチープな特撮映像の雰囲気を見事に再現してあります。
火星から飛来した大怪獣ネガドンと、それを迎え撃つ巨大ロボットとの戦いを描いています。実写と見紛うばかりの映像が出てきますが、この映画に実写映像は全く使われていないそうです。さらに驚くべきことに、この映画は粟津監督がほとんど一人で作り上げたものなんだそうです。
ロボットの方は右手にドリルが付いていて、昔懐かしい雰囲気を醸し出すデザインになってます。ネガドンの方がちょっとモダンなデザインで、もっとゴジラのバッタもんみたいなデザインになっていれば良いのになあと思いました。
ただ本編は30分程度の短いもので、定価3360円を出してまでDVDを買う価値があるかと問われると、ちょっと疑問だと言わざるを得ません。
この映画はみんなでわいわい見ながら、怪獣の思いで話に花を咲かせると言う見方が吉な映画ではないかと思います。
人気blogランキングへ
banner_01.gif

8mile

洋画
04 /05 2006
今日もプールは改装中でお休みです。金曜日に新装開店するようです。待ち遠しいですね。
今日は市営体育館にも行かず、家でのんびり音楽鑑賞としゃれ込んでいます。僕は家ではよくラップミュージックを聞いています。インターネットラジオと言うやつで、家にいる間はたいてい流しっぱなしにしてます。
ラップの魅力とはなんでしょうか。いろいろな楽しみ方があると思いますが、僕は言葉が崩壊して行くところに魅力を感じます。言葉が意味を失いただの音になるぎりぎりのところで言葉に聞こえる、そんなラップが僕は好きです。
そういう観点からすると、やはりエミネムの技術は他のラッパーを頭一つ抜きん出ていると思います。あくまで主観的な好みの問題ですけどね。
そんなエミネムの半伝記的映画が「8マイル」です。エミネム自身が主演しています。デトロイトの自動車工場で働く貧しい白人少年が、ラップ大会でのし上がって行く姿を描いています。
主演がエミネムと言う点が注目されるこの作品ですが、そこを無視しても映画自体が青春映画としてよくできていると思います。明日の見えない生活の中で、もがきながら成長して行く若者の姿が丁寧に描かれていると思います。エミネム出しときゃなんとかなるだろうと言うような安易な作りでないところが好感持てます。エミネムもきちんと演技していますし、脇も固める共演者も良いです。
特に母親役のキムベイシンガーのダメかーちゃんぶりは見事です。あまりに見事なはまり役で、キムベイシンガーがねえと感慨にふけること請け合いです。是非ご覧ください。
人気blogランキングへ
banner_01.gif

市民プール初体験

水泳雑感
04 /04 2006
日本のプロ野球に続き、アメリカメジャーリーグも開幕しましたね。松井秀喜選手はいきなりホームランを含む4安打、4打点の大活躍だったようです。今年こそワールドチャンピオンになって欲しいですね。
今日はプールに行きましたが、なんと改装工事のためしばらく使えないとのことです。年度替わりなので改装しているんでしょうか。残念ですね。
このまま泳げないのもしゃくなので、近所の市営体育館のプールに行ってきました。市営体育館は家と勤務先とは反対方向にある上、ちょっと遠いので毎日通うのにはちょっと大変なので今まで利用したことがありませんでした。と言うわけで市民プール初体験です。
まずは更衣室とシャワーですが、値段の割にはきれいです。ロッカーが30円なのはどうかと思いますが。100円硬貨の戻ってくるロッカーにしてくれれば良かったのに。
肝心のプールですがきれいなプールですね。25mが7コースもあります。真ん中2コースでは本職のスイマーとおぼしき方達がわしわし泳いでますね。さあ僕も泳いでみましょう。と張り切ってプールに入ったら、ヒーッ、水が冷たいっ。水温低すぎですよ。お年寄りがいきなり入って心臓マヒでも起こしたらどうすんでしょう。これじゃあ泳ぎ続けてないとすぐに体が冷えてしまいます。
いやでもたくさん泳げるようにと言う配慮でしょうか。それともただ単に暖房代をケチっているんでしょうか。市民税は結構払っていると思ってたんですけどねえ。まだ足りないってことでしょうかねえ。稼ぎが少なくてすんませんねえ。そんな気分で泳いできました。
やっぱり毎月高い会費を払ってる民間のスポーツクラブとは、サービスが比べもんにならないですね。一回390円じゃ文句も言えないですけど。
公共の施設と言えば僕はよく県立図書館を利用してます。そういえば、博物館など資金難で結構大変だって話を新聞で読んだような気がします。何でもかんでも民営化の世の中ですからね。そのうち図書館も体育館も無くなっちゃうかもしれないですね。それにしても僕の市民税はプールの暖房代に優先的にまわして欲しいもんです:-P。
人気blogランキングへ
banner_01.gif

失敗の本質

読書
04 /03 2006
今日は仕事が忙しくてプールに行けなかったので、本の紹介をします。週末に「失敗の本質」と言う本を読みました。これは旧日本軍の行った六つの作戦を取り上げ、何故これらの作戦が失敗したかについて分析しているものです。
旧日本軍に関する研究は本書以外にもたくさんありますが、本書は組織論の立場から分析している点がユニークなところです。旧日本軍が分析の対象になっていますが、旧日本軍を批判する事が目的ではなく、そこから日本的な組織が共通に持つ欠点を抽出しようと試みています。
読んでみるとこの試みは確かに達成されていて、旧日本軍についての記述であるはずなのに、こんなことあるあると身につまされること請け合いです。ちょうど世間では民主党のメール問題がにぎやかですが、これも失敗組織の典型例ですね。
旧日本軍の欠点として戦略目標が曖昧な点が挙げらています。開戦に当たって終戦までのグランドデザインを持っていなかったため、個々の作戦もその戦略目標が曖昧になりがちでした。それに対してアメリカは日本本土に直接上陸して戦争を終結すると一貫して考えていました。各作戦は日本上陸への各段階として、それぞれ明確な目的を持っていたのです。民主党もメール問題では漠然と現政権にダメージを与えれば良いと思っていたのではないでしょうか。メール問題を取り上げた時点で政権交代へと至るグランドデザインがあったとは思えません。
その他、不測の事態に備えた計画が不備であること、情報収集、分析の能力が弱いこと、個人的な人間関係を偏重すること、結果よりもやる気やプロセスを重視すること、取りうる戦略オプションが少ないことなど、旧日本軍の欠点としてあげられていることで、今回の民主党の問題に当てはまることは多いと思われます。
組織として機能不全に陥った旧日本軍ですが、ではなぜこのような不具合が生じたのでしょうか。著者らは旧日本軍が特殊な環境に適応しすぎたために、次にその環境が変化したときにはもはや適応できなくなったのではないかと指摘しています。旧日本軍は日露戦争の成功体験に縛られて陸軍は白兵戦に、海軍は艦隊決戦に過剰に適応してしまいました。そのためその後の兵器の進歩や戦術の変化に対応することができなくなったと言うわけです。組織が学習するためには成功から学ぶことと、失敗から学ぶことの両方が必要です。特に失敗から学ぶことは自己否定の苦痛を伴うので、できないことが多いものです。
民主党にはこの失敗から大いに学習してもらって、自己否定でも何でもして再生して欲しいもんですね。
しかし民主党に限らず、このような問題は現在のどんな組織にも多かれ少なかれありますよね。この本の初版は1984年だそうですが、今読んでも全く古びた感じがしません。自分の属している組織に対して、なんかおかしいと思っている人には是非一読していただきたい一冊です。
人気blogランキングへ
banner_01.gif

ゴーグル買いました

ファッション
04 /02 2006
昨日は花見に行ったついでに新しいゴーグルを買ってきました。ナイキ製で1780円也です。早速使って見ましたが、アイカップが透明なので視界良好。水の中がよく見えます。ゴムをきつくしなくてもぴったりフィットしてくれます。水が漏れることも無いですね。締め付けが少なくていい感じです:-)。ちょうど新年度と言うこともあり、気分一新ですね。
前にも書きましたが、僕は買い物するときにあれこれ迷う質です。今回のゴーグルも悩みに悩んだ末に決めたんですが、こんな僕が結構衝動買いするものがあります。それは本です。本だけは迷いもせずにタイトルや表紙を見ただけで、ほいほい買っちゃいます。新刊本だと結構な値段ですし、かさばって場所も取るので本を買い込むのは考えものなんですが、こればっかりは癖なんでしょうか、止められません。
僕は本は常に新品の状態じゃないと嫌なので、書き込みなんていっさいしません。よく読んだところでページを折ったりする人がいますが信じられません。ページを開いて伏せておく人もいますが、これも本が広がってしまうのでいやです。カバーを挟む人もいますが、あれもカバーがずれてくるのでいやです。しおりを買えば良いのにって思います。しおりもおしゃれなものがいろいろあるので、選ぶと楽しいですよ。
まあ自分の本をどう扱おうがその人の勝手だから良いんですけど、中には人の本に何か書き込んだりする人もいます。この前も人に本を貸したところ、表紙はなんだかよれよれになっているし線は引いてあるしで、腹立たしいことこの上なかったです。新しいのを買って返せと言ってやろうかとも思いましたが、大人げないので止めておきました。
と言うわけで、僕の持っている本はほとんど全部まっさらな状態なんですが、ちゃんと読んでいるのでご心配なく。と言っても読んでないのも結構あるんですけどね:-P。
IMG_4293.jpg

人気blogランキングへ
banner_01.gif

お稲荷さんとお花見

料理
04 /01 2006
IMG_4286.jpg

今日は近くの公園にお花見に行きました。今日は肌寒いくらいでしたね。花見の季節ってまだ寒いですよね。夜桜を見に行くときは、真冬の格好でないと風邪を引きそうです。お酒で体を暖めないと我慢できないです。と言うのは言い訳で、ただ飲みたいだけなんですけどね。
今日はお昼にいきましたが、手ぶらでいくのもなんなので、いなり寿司を作って持って行きました。以下ご飯1合分の作り方です。
油揚げを10分ほど水で煮て油抜きをします。油抜きが終わったら、だし汁カップ1.5、醤油大さじ1.5、砂糖大さじ3、みりん大さじ1/2、日本酒1/2に落としぶたをして油揚げを煮ます。10分ほど煮たら汁につけたまま冷まして味をしみ込ませましょう。煮汁の一部をとって、人参、椎茸、ごぼう、タケノコのみじん切りをにます。こちらも10分ほど煮たら冷ましておきます。
ご飯は普通に1合炊いてください。あらかじめお酢大さじ2、砂糖大さじ1、塩小さじ1/2で酢飯用の酢を作っておいてください。炊きあがったご飯に酢をまぶしてしゃもじできるように混ぜます。お酢の量は味を見ながら好みで調節してください。具は汁気をきってご飯に混ぜてください。胡麻も入れると香ばしさが増します。できたご飯を油揚げにつめれば出来上がりです。
このレシピは薄味になってますので、甘辛いのが好きな方は、醤油と砂糖の量を増やしてください。
皆さんはいなり寿司のご飯はお酢だけのご飯が好きですか、具が入っている方が好きですか。今回は具を入れて作りましたが、酢飯だけのシンプルないなり寿司もおいしいですよね。
さて桜の方ですが、今年はちょっと咲き方が不揃いのようです。もう葉っぱが出ているものもあれば、まだ五分咲きくらいのもあります。やっぱり一斉に咲かないと華やかな感じが出ませんよね。
IMG_4282.jpg

人気blogランキングへ
banner_01.gif

泳ぐ駝鳥

36才で年男を記念して水泳を始めました。かなづちではありませんが、プールで25mも泳ぐのは10数年ぶりのことです。特に目標などがあるわけではないので、モチベーションを維持するために日記を書くことにしました。運動神経はないに等しいので上達はあまり望めませんがマイペースでやっていこうと思います。週に一度はレッスンもあるので習ったことなども書きたいと思います。